岩手の車買取業者といえばサニーくるま査定センター盛岡一強

先日は盛岡市中央通りで開催された盛岡さんさ踊り2019を見てきました。

例年に比べると盛岡の気温も一層高かったように感じましたが、それもさんさ踊りパレードに参加されていた皆さんや、太鼓部隊の熱気のせいもあったのかもしれません。迫力満点で楽しかったです。

さんさ踊り

岩手県にも車の買取をしてくれる会社はたくさんあります。

ガリバー、カーセブン、カーチス、アップルなどの大手ももちろん進出しています。

一方で、サニーくるま査定センター盛岡などの地域密着型の会社もあります。こういった会社は、全国展開はしていないものの、岩手県民にとってはメリットが多いこともあります。

大手ですと、東京などで活動していた社員が岩手に転属になっている場合もあるので、どうにも現場ならではの事情が伝わらないこともありますよね。

岩手の山

なのでサニーくるま査定センター盛岡は大手ではないからといって除外することはないと思いますよ。

また大手ではないとは言っていますが、岩手県内ではしっかりしている会社でそれなりの規模を誇ります。

サニーくるま査定センター盛岡は、盛岡に一店舗あるのみですが、出張査定もしてくれるので、その点はあまり心配はいらないでしょう。

対応地域は以下の通り

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町

岩手県内にお住みの方なら概ね問題ないでしょう。

車の査定

また、車の査定業界でありがちなのが、ボッタクリですよね。一般市民は車の知識がないので、査定士の言いなりになりがちです。それを良いことに査定額を安めに提示してくるところも少なくありません。

その点、地域密着型の業者は、地元民の信用もありますし、従業員も地元で生まれ育ち、地元民に囲まれている環境なので悪いことができないという側面があります。

大手は確かに大手なりの安心感はありますが、その辺りをあまり考えてないところはありますからね。

岩手県は、北海道に次ぎ2番めに大きい都道府県です。それだけに車の重要性はより一層高い県でもあると感じています。

車を賢く売って次の愛車を手に入れたいですね。

私は東京に住んでいたことがありますが、車を持っていない人が当たり前のようにいて驚いたのを覚えています。どうやら電車があれば、どこでも行けるからとくに困ることも無いようです。

車の買取についてはこのようなサイト(岩手 車買取)をよく見て勉強しておくことをおすすめします。それだけ車買取は奥が深い世界です。

また先述のようにあまりにも知識がないと査定士のカモにされて車買取がうまくいかないことも考えられるので、買取依頼に踏み切る前になるべく知識をつけておくことをおすすめしますよ。

車買取は今後も何度か経験することになると思うので詳しくて損をすることはありません。

私も車買取の知識をつけてからより高く車を買い取ってもらえるようになりましたし、こちらに知識があることがわかると、車買取業者の態度も変わるものです。もちろん、どこの車買取業者もお客さんによって態度を変えるわけではありませんが。

やはり車を査定するのは人間ですから、多かれ少なかれそういった側面があることは理解しておきましょう。昔に比べれば業界もかなりクリーンになった印象があるので、これから初めて車買取の依頼をする人はラッキーですけどね。

 

車の走行距離は査定にどれくらい影響するのか

出典:フォトAC

どうも、とみぞうです。

車の査定において大事なのは「車種」「カラー」「年式」「走行距離」です。

中でも走行距離は結構査定額に影響するというのは聞いたことがあると思いますが、どこまで影響するのかはわからない人もいるんじゃないでしょうか?

なので、その辺を簡単に説明していこうと思います。

走行距離は少なければ少ないだけ査定額は高くなりますし、多くなれば安くなっていくのは誰でも知っていると思います。

走行距離の影響を調べるのはとても簡単で。走行距離別に車の査定額を調べて、その結果を見比べてみればOKです。

そうすれば走行距離別にどれくらい査定額が変動するのかを調べることができます。

例えば、新車の価格が277万円の車だったとします。

その車を走行距離1万㎞の状態で買取をするとします。その時の買取相場を調べてみると、約193万円になります。

では、それが3万㎞の走行距離だとすると、174万円くらいが相場になりました。

2万㎞増えただけでざっくり20万円程度の差が出ました。

では、今度5万㎞の走行距離だとすると、164万円の買取相場になりました。

ここでも約20万円の差が生まれる結果になりました。

これはあくまでも例ですが、1万㎞変動するだけで大体10万円程度、2万㎞変動すると20万円前後の値引きがはいる、という結果です。

ただ、人気車種であればこれくらいで済むかもしれませんが、あまり人気ではない車種だともっと影響は大きいと思います。

なので、走行距離は車の査定において、かなり影響が高いことがわかると思います。

もちろん、ぴったり1万㎞で買取に出すって事はないと思いますので、実際はもっと細かく刻まれた金額になると思いますが、これくらいの影響はあるよって言う事を覚えておいた方が良いでしょうね。

車の査定前の注意点

出典:フォトAC

どうも、とみぞうです。

車をいざ売るとなった時、必ず注意しなければいけない事があります。

それが、車を掃除しておく事です。

車の掃除というと、洗車に出すって思う人もいると思いますが、それは少し違います。

車をキレイにすることはとても大事ですが、洗車は出さない方が良いでしょう。というのは、洗車に出して車をキレイにしても洗車にかかったコストや費用を買取で回収できる可能性が少ないからです。

ほとんどの場合は、洗車分のもとをとる事はできないでしょうね。

なので、洗車に出すのではなく、できるだけ自分で車の掃除をするようにすると良いでしょう。自分で掃除をする分には費用はかかりませんからね。

それから、車内の掃除もとても重要です。

車の査定士さんは、車の状態を見ているだけでなく、その人の人間性も見ています。車が汚くお手入れが行き届いていないと、「ガサツなひとなのかな」と思われてしまう可能性があるので、思ったよりも査定費用を下げられてしまうことがあります。

しかし、車をしっかりと掃除しておくと、「まめに掃除されているのかな」と好印象を与えることができるので、査定自体もそこまでマイナスされることはないでしょう。

その為、できる限りの車の掃除は全てしておくことをおすすめします。