車の走行距離は査定にどれくらい影響するのか

出典:フォトAC

どうも、とみぞうです。

車の査定において大事なのは「車種」「カラー」「年式」「走行距離」です。

中でも走行距離は結構査定額に影響するというのは聞いたことがあると思いますが、どこまで影響するのかはわからない人もいるんじゃないでしょうか?

なので、その辺を簡単に説明していこうと思います。

走行距離は少なければ少ないだけ査定額は高くなりますし、多くなれば安くなっていくのは誰でも知っていると思います。

走行距離の影響を調べるのはとても簡単で。走行距離別に車の査定額を調べて、その結果を見比べてみればOKです。

そうすれば走行距離別にどれくらい査定額が変動するのかを調べることができます。

例えば、新車の価格が277万円の車だったとします。

その車を走行距離1万㎞の状態で買取をするとします。その時の買取相場を調べてみると、約193万円になります。

では、それが3万㎞の走行距離だとすると、174万円くらいが相場になりました。

2万㎞増えただけでざっくり20万円程度の差が出ました。

では、今度5万㎞の走行距離だとすると、164万円の買取相場になりました。

ここでも約20万円の差が生まれる結果になりました。

これはあくまでも例ですが、1万㎞変動するだけで大体10万円程度、2万㎞変動すると20万円前後の値引きがはいる、という結果です。

ただ、人気車種であればこれくらいで済むかもしれませんが、あまり人気ではない車種だともっと影響は大きいと思います。

なので、走行距離は車の査定において、かなり影響が高いことがわかると思います。

もちろん、ぴったり1万㎞で買取に出すって事はないと思いますので、実際はもっと細かく刻まれた金額になると思いますが、これくらいの影響はあるよって言う事を覚えておいた方が良いでしょうね。